転移性結腸直腸癌に対するベバシズマブ、イリノテカン、フルオロウラシルおよびロイコボリン

Bevacizumab plus irinotecan, fluorouracil, and leucovorin for metastatic colorectal cancer.

Hurwitz H, et al.: N Engl J Med. 2004 Jun 3;350(23):2335-42.

背景:血管内皮増殖因子に対するモノクローナル抗体であるベバシズマブは、特に化学療法との併用で、転移性結腸直腸癌に対する前臨床および臨床の有望な活性を示している。

方法:未治療の転移性結腸直腸がん患者813例を、イリノテカン、bolusフルオロウラシルにロイコボリン+ベバシズマブ(2週間ごとに体重1キログラムあたり5mg)を追加した402例(ロイコボリン+ベバシズマブ群)とロイコボリン+プラセボを追加した411例(ロイコボリン+プラセボ群)にランダムに割り付けた。主要エンドポイントは全生存、副次的エンドポイントは無増悪生存期間、奏効率、奏効期間、安全性、QOLであった。

結果:生存期間中央値はロイコボリン+プラセボ群(15.6ヵ月)に比較して、ロイコボリン+ベバシズマブ群(20.3ヵ月)で有意に延長した(ハザード比0.66、P <0.001)。無増悪生存期間中央値はロイコボリン+プラセボ群(6.2ヵ月)と比較して、ロイコボリン+ベバシズマブ群(10.6ヵ月)で有意に延長した(ハザード比0.54、 P <0.001)。奏効率は44.8%と34.8%であった(P = 0.004)。奏効期間中央値はロイコボリン+プラセボ群(7.1ヵ月)と比較して、ロイコボリン+ベバシズマブ群(10.4ヵ月)で有意に長かった(ハザード比0.62、P = 0.001)。グレード3の高血圧は、ロイコボリン+プラセボ群よりもロイコボリン+ベバシズマブ群で多く認められたが(11.0% vs. 2.3%)、管理可能であった。

  ロイコボリン+ベバシズマブ群 (n=402) ロイコボリン+プラセボ群 (n=411)
生存期間中央値 20.3ヵ月 15.6ヵ月
ハザード比 0.66
P値 P <0.001
無増悪生存期間中央値 10.6ヵ月 6.2ヵ月
ハザード比 0.54
P値 P <0.001
奏効率 44.8% 34.8
 P値 P = 0.004
奏効期間中央値 10.4ヵ月 7.1ヵ月
ハザード比 0.62
P値 P = 0.001
安全性(高血圧) 11.0% 2.3%

結論:フルオロウラシルベースの併用化学療法にベバシズマブを追加することで、転移性結腸直腸癌患者の生存率が統計的かつ臨床的に有意な改善が認められた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA