世界の癌統計

Global cancer statistics

Jemal A, et al.: CA Cancer J Clin. 2011 Mar-Apr; 61(2): 69-90.

世界の人口の高齢化および成長と発展途上国での癌を引き起こす行動、特に喫煙の増加により、世界的に癌によるburdenは増え続けている。 GLOBOCAN 2008によると、2008年には約1,270万人に癌が発症し、760万人が死亡したと推定されている。これらのうち56%と64%の死亡が発展途上国で発生した。乳癌は女性の間で最も診断される癌であり、癌による死亡の主な原因であり、全癌症例の23%および癌による死亡の14%を占める。肺癌は男性の主な癌であり、新規癌全体の17%、癌全体の23%を占める。乳癌は、発展途上国の女性の間でも癌による死亡の主な原因である。これは、癌による死亡の最も多かった子宮頸癌であった過去10年間からの変化である。さらに、発展途上国の女性における肺癌の死亡率のburdenは、子宮頸癌と同じくらい高く、それぞれが女性の総癌による死亡の11%を占めている。開発途上国における全体的な癌の発生率は男女とも先進国の半分であるが、全体的な癌の死亡率は一般的に同じである。癌の生存率は発展途上国では悪化する傾向があるが、これは後期での診断であることと、タイムリーに標準的治療へのアクセスが制限されていることが原因と考えられる。癌の世界的なburdenの多くは、既存の癌コントロールの知識を適用し、禁煙、ワクチン接種(肝臓癌および子宮頸癌)、早期発見と治療、ならびに身体活動と健康的な食事を推進する公衆衛生キャンペーンによって防ぐことができる。臨床医、公衆衛生専門家、および政策立案者は、そのような介入の適用を世界規模で加速させる積極的な役割を果たすことができる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA