大腸がんの患者数・死亡者数

2014年に新たに診断されたがん(罹患全国合計値)は867,408人(男性501,527人、女性365,881人)です。この中で、大腸がんは最も多いがんです(男女別では、男性では胃がん、肺がんに次いで3番目に、女性では乳がんに次いで2番目に多いがんです)。

  1位 2位 3位 4位 5位 備考
男性 大腸 前立腺 肝臓 大腸を結腸と直腸に分けた場合、結腸4位、直腸5
女性 乳房 大腸 子宮 大腸を結腸と直腸に分けた場合、結腸2位、直腸7
男女計 大腸 乳房 前立腺 大腸を結腸と直腸に分けた場合、結腸3位、直腸6

2017年にがんで死亡した人は373,334人(男性220,398人、女性152,936人)です。この中で、大腸がんは肺がんに次いで2番目に死亡数が多いがんです(男女別では、男性では肺がん、胃がんに次いで3番目に、女性では最も死亡者数が多いがんです)。

  1位 2位 3位 4位 5位 備考
男性 大腸 肝臓 膵臓 大腸を結腸と直腸に分けた場合、結腸4位、直腸7
女性 大腸 膵臓 乳房 大腸を結腸と直腸に分けた場合、結腸2位、直腸9
男女計 大腸 膵臓 肝臓 大腸を結腸と直腸に分けた場合、結腸3位、直腸7

出典:国立がん研究センター がん情報サービス (がん登録・統計)

関連する商品

がん・統計白書 2012 データに基づくがん対策のために(祖父江 友孝)

(説明:amazonより)
8年ぶりの大幅改訂。がん統計データブックの決定版!がん統計データの提供体制が大きく変化するなか、この1冊があればがん対策は万全。新たに“将来予測と国際比較”など重要度の高い統計事項に加え、格差社会に焦点をあてたトピックス的な話題を収載。すべての保健・医療・福祉施設、必携の書。  これまでに『がん・統計白書-罹患/死亡/予後-』として,1981年,1993年,1999年,2004 年の4 回にわたって,それぞれの時点における最新データをとりまとめて発行され,一般の臨床医やがん研究者の間でがん統計のデータブックとして広く活用されてきた.一方,この間にがん統計データの提供体制も大きく変化した.従来は,専門領域の研究者を除いて,最新のがん統計について詳細な数値データを入手することは必ずしも容易ではなかったが,現在では,種々のホームページから電子化された最新データを比較的容易に入手できるようになり,また,対話形式で必要なグラフをダウンロードすることも可能になっている.   そこで,今回の『がん・統計白書2012-データに基づくがん対策のために』では,「最新のデータを提供する」というこれまでの役割を軌道修正して,比較的更新頻度の少ない,かつ重要度が高い統計事項を中心にまとめることとした.具体的には,将来予測と国際比較がこれにあたる.また,トピックス的な話題として,社会格差に焦点を当てた解析を取り上げた. 本書が,広くがん対策の推進に活用されることを期待する.  筆者を代表して   祖父江 友孝

がん登録の軌跡(猿木 信裕)

(内容説明:amazon)
全がん協による生存率公表までの舞台裏。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA